そくりょうDC

※そくりょう&デザイン企業年金基金の加入事業所が任意でご加入いただける制度です。
※ DC ・・・ 確定拠出年金制度(Defined Comtribution)


制度の目的

退職引当金制度の受皿として利用できる確定拠出年金制度です。そくりょう&デザイン企業年金基金 が代表事業主となるので、事業所が単独でDC制度を発足・運営する場合より負担を軽減できます。


確定拠出年金制度の特徴

掛  金・・・・・あらかじめ事業所で決定
        (運用成績で掛金が変動することはありません)
年金資産・・・・・個人ごとの管理
運  用・・・・・個人(従業員)が自分自身で運用商品を決定
給  付・・・・・運用結果で変動




そくりょうDCのメリット

制度導入・運営等の事務負担軽減

監督官庁への申請・届出業務は、基金事務局が取り纏めて行うため、単独でDC制度を導入・運営する場合に比べて事務負担が軽減できます。

加入者サービス

充実したテキスト、加入者にやさしい専用のコールセンター、WEBサイトを用意しています。また、従業員の方への「投資教育」は、専門家が万全のサービスをご提供します。

高品質・低コストな運用商品

運用商品には、定期預金等の元本確保型商品の他、高利回りが期待できる株式、債券の投資信託や予め株式・債券を分散させたものなど、運用報酬が低水準で、かつクオリティーの高い全19商品を用意しています。

低コスト運営

費用面では、当初よりスケールメリットを先取りした料金体系となっています。また共通化した制度設計によるコスト削減により、年金資産の増加に伴うコストメリットを享受でます。